抜け毛予防にはケトコナゾールが有効?

薄毛を予防するために様々な方法が考案されており、現在ではかなり進行した状態からでも回復させることが可能となっています。また、医療機関での標準治療の確立も進められており、それをサポートするために2,010年には日本皮膚科学会により男性型脱毛症診療ガイドラインが発表されています。
この中で、最高ランクのAという評価を受けたのが、Finasterideとミノキシジルという成分です。これらは、それぞれ信用に値する良質なデータにより薄毛改善効果が確認されており、内服療法と外用療法の第一選択薬として推奨されています。薄毛改善に効果のある成分を説明する医者
ちなみに、これらはそれぞれ本来は違う目的で開発されたもので、薄毛に対しての改善効果が確認されたのちに転用されています。これらと似た経緯をたどり注目されているのが、抗真菌薬のケトコナゾールです。この治療薬には、抗アンドロゲン薬としても機能するために、Finasterideと同様にAGAの原因物質DHTを抑制します。
また、最近の研究により成長期の髪の毛を太くする発毛作用があることも確認されています。これは、毛包からの皮脂の分泌量を低下させるという作用によるものです。つまり、抜け毛予防と発毛促進の両方の効果を得られるということで、Finasterideとミノキシジルにも劣らない育毛成分として注目されています。
なお、このように魅力的なケトコナゾールは、クリームとローションが国内では販売されていますが、これらはあくまでも抗真菌薬であり、育毛目的での利用には向いていません。薄毛改善アイテムとしてのケトコナゾールは、育毛シャンプーとして提供されており、個人輸入代行業者を利用することで入手できます。