AGAの進行を食い止めるための髪の毛の育て方

AGAの進行を食い止めるためには、AGAを単純に治療するだけではなく治療をした後の髪の毛の育て方も非常に重要になります。髪の毛の育て方に悩む男性
AGAは男性型脱毛症という症状を指しますが、この症状は男性ホルモンを起因として発症しますので治療を進めていく時には必ずこの男性ホルモンの抜け毛の作用を無効化することを考えなくてはいけません。では、具体的にどのような方法をとれば男性ホルモンの抜け毛の作用を無効化できるのでしょうか。
最も簡単な方法は、病院で処方されているホルモンの働きを抑制する薬を使い続けることです。この薬は男性用に開発されている薬ですが、継続的に利用すれば約9割以上の人が発毛を実感したという結果も出ているくらいです。
ただ、AGAのこうした治療薬を利用して治療を進めていく時には、頭皮の状態をしっかりと確認しなくてはいけないので経過観察も重要になることを理解しておく必要があります。
例えば、AGAの薬は服用してからしばらくは脱毛期が到来しますので、髪の毛が育つどころか抜け落ちていってしまいます。この最初の脱毛期を超えると産毛が生えてくるようになるのですが、この脱毛期の段階で不安になって薬の服用をやめてしまうと逆効果になってしまうことも十分に考えられますので知っておく必要があります。
AGA治療による髪の毛の育て方は、産毛の段階から育てていくことが基本なので、まずは薬の効果によって産毛が生えてくることを確認しなくてはいけません。この周期は、一般的な髪の毛の成長サイクルから半年以上の時間が少なくとも必要になることがわかっているので、その点は気をつけておく必要があります。最初の産毛が確認されれば男性型脱毛症に強い髪の毛が生えてきた証拠といえるので後はその髪の毛を順調に育てていけば良いのです。